そもそも風俗があるのはなぜ

風俗による社会への効果とは

言葉の意味がいつからか変わったような

gmo

風俗という言葉がセックス産業の隠語として使われるようになったのはいつからでしょうか?
これは太平洋戦争が終了し高度経済成長期を迎える時期に変化があったようです。
かつては日本も赤線・青線と呼ばれる指定地域において売春宿の営業が合法的に認められておりました。
しかし日本の国際連合復帰にともない売春制度の廃止が必須条件であったために赤線ならび青線は廃止になり、売春は非合法なモノへと変化していきます。
ただしその必要性は無視できるものではなく、セックス産業をアンダーグラウンド化させないために規制のもと合法化する必要にせまられたのです。
この際に作られた法律が風俗営業法であり、この法律の名称からいつしかこの業界の呼称として「風俗」という言葉と意味にとってかわられていったようであります。
実際にはジャンルやカテゴリーが多数存在するためにかなり大まかな総称としての呼び方になっておりますが、実際に利用する人たちはもっと具体的なサービス名称を呼称に用いていることが多くなっています。
「風俗」という言葉を直接使う人は、どちらかというとそのサービスをあまり利用しない人々が使っているケースが多いようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2017 そもそも風俗があるのはなぜ